×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

生物学的仮説

なぜうつ病(うつびょう)を発症(はっしょう)するのか、という成因論(せいいんろん)についてはいくつかの仮説(かせつ)が挙げ(あげ)られています。そのなかで、MRIなどの画像(がぞう)診断(しんだん)の進歩(しんぽ)に伴い(ともない)、近年(きんねん)話題(わだい)となっているのが、うつ病(うつびょう)の生物学(せいぶつがく)的(てき)仮説(かせつ)のなかの神経(しんけい)損傷(そんしょう)仮説(かせつ)です。海馬(とど)というのは、脳(のう)の部位(ぶい)の一部(いちぶ)で、海馬(とど)体(からだ)と呼ばれる(よばれる)こともあります。タツノオトシゴ(海馬(とど))に似(に)た形(かたち)をしていることからこのように呼ばれ(よばれ)ます。記憶(きおく)は、感覚(かんかく)記憶(きおく)、短期(たんき)記憶(きおく)、長期(ちょうき)記憶(きおく)の3つに大きく(おおきく)分類(ぶんるい)され(スクワイアの記憶(きおく)分類(ぶんるい)モデル)、海馬(とど)はこの短期(たんき)記憶(きおく)をつかさどる部分(ぶぶん)です。うつ病(うつびょう)においては、脳(のう)の海馬(かいば)領域(りょういき)での神経(しんけい)の損傷(そんしょう)が存在(そんざい)するのではないか、という仮説(かせつ)です。そしてこの海馬(とど)の神経(しんけい)損傷(そんしょう)の基盤(きばん)には遺伝子(いでんし)レベルの問題(もんだい)が存在(そんざい)するといわれています。その他(そのほか)、海馬(とど)の神経(しんけい)損傷(そんしょう)の原因(げんいん)として心的(しんてき)外傷(がいしょう)体験(たいけん)をあげる仮説(かせつ)もあります。これは幼少期(ようしょうき)の心的(しんてき)外傷(がいしょう)体験(たいけん)をもつ症例(しょうれい)で海馬(とど)の神経(しんけい)損傷(そんしょう)が認め(みとめ)られるという研究(けんきゅう)結果(けっか)から導か(みちびか)れたものです。そしてその損傷(そんしょう)がうつ病(うつびょう)発症(はっしょう)の基盤(きばん)となっているとする仮説(かせつ)です。しかし、実際(じっさい)、成因論(せいいんろん)というのは学問的(がくもんてき)には関心(かんしん)があるでしょうが、臨床(りんしょう)の場(ば)における有用性(ゆうようせい)には限界(げんかい)があります。なぜうつ病(うつびょう)になったのか、ということよりも、どうしたらその状態(じょうたい)を改善(かいぜん)できるのか、またはどのようにしてその状態(じょうたい)とつきあっていったらいいのか、ということを問う(とう)べきではないかという意見(いけん)もあります。今(いま)できることを模索(もさく)していくことが大切(たいせつ)といえるかも知れ(しれ)まません。消費者金融というと金貸しと言われてちょっと怖そうですね。

うつ病

なぜうつ病を発症するのか、という成因論についてはいくつかの仮説が挙げられています。そのなかで、MRIなどの画像診断の進歩に伴い、近年話題となっているのが、うつ病の生物学的仮説のなかの神経損傷仮説です。海馬というのは、脳の部位の一部で、海馬体と呼ばれることもあります。タツノオトシゴ(海馬)に似た形をしていることからこのように呼ばれます。記憶は、

うつ病